スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんにちは!
住吉店・なかもず店担当の谷田(しゅう)です
このページをご覧になってみなさんの
「不安」が「安心」
に変わればいいなって思っています




堺市在住 女性
45歳当時、酷い肩こりで注射とリハビリに毎週整形外科へ通っていました。一向に良くならないまま、他科での別検査で『しこりのない乳癌』が発覚。
Ⅱa・グレード3・Her2タイプ。
五十肩だと思っていたら乳癌だった!というパターンです。
当初は、途方に暮れもしましたが
治る病気なのだから、あれこれ考える前に積極的に治療しようと。
治療は
①術前抗癌剤を半年(FECを4クール、アブラキサン+パーセプチンを4クール)
②左全摘・リンパ廓清
③術後ハーセプチンを全13回
副作用の不安はありましたが、ホルモン陰性のため化学療法には躊躇せず。
投与中は事前説明通りの副作用で、辛いときには対処薬を出してもらって。
今思えばまぁ、耐えられる程度のものでした。
(喉元過ぎれば…忘れるみたい)
私の場合、フルタイム事務職ですが治療中もさほど休まず働けました。
家でじっとしてるより、
仕事してるほうが気が紛れるのか、楽だったように思います。
脱毛に関しては、どうなってしまうのか想像つかない。
顔がICONIQさん様なら丸坊主も素敵だろうけど…全然違うし(笑)
ならいっそ、ウィッグという非日常を楽しもう。
結構楽でしたよ。
白髪染めなくていいし、寝癖つかないし、美容師さん優しいし。
そして手術後、
病理検査で「悪いもの全部消えてた」とお墨付き頂きました!
効くか効かないかは賭けみたいなものだけど、リターン大きかったですね。
もうすぐ術後2年半。
今は酷い肩こりもなく、罹患前の日常とほぼ変わりありません。
生えそろった髪は残念ながら、てっぺんがちょっと薄いままだけど。
でもアラフィフにもなれば更年期。
何もしていなくても薄毛で悩む人は悩むし、節々が痛い人は痛いみたい。
私の髪も抗癌剤のせいだけではナイのかも。
病気になってしまったら、まずは治さなくては。
治療法が無いより、化学療法受けられて良かったと思っています。
副作用はある程度コントロールできるし、後で抜けるから。
これから治療に入られる方にもどうか、お薬がよく効きますように。


スポンサーサイト
これから治療に入る方へ、先輩患者さまからのメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!住吉店・なかもず店担当の谷田(しゅう)です
このページをご覧になってみなさんの
「不安」「安心」

に変わればいいなって思っています


堺市在住 女性

えー私が乳がん!?
来週から抗がん剤治療開始!?
髪の毛抜けるって!?

次々に突きつけられる受け入れがたい現実・・・。
家族のこと、仕事のこと、どうなるの?

今までの生活が一変するんだ・・・。

3年前、
告知され治療を開始するまでの私の心の中は根拠のない不安でいっぱいでした(ToT)

でも、いざ抗がん剤治療が始まったら、今までとほとんど変わらない毎日を過ごしていました!!

抗がん剤治療のあとは少しゆっくりして、
そのあと次の抗がん剤の日までは全く普通に過ごす感じ。

平日は、訪問介護の仕事をマイペースで続けることができました!

週末は、次男のソフトボールの試合や練習で真夏も真冬も一日中外で大忙し!

長男の高校の入学式には、ウイッグが飛ばないか心配しながら(笑)チャリンコでぶっ飛ばして行きました!!

夏休みには、ディズニーランドにも行きました!!

体調の変化に対する不安はすぐになくなりましたが、
治療中一番辛かったのは、髪のこと・・・。

私は、乳がんの治療中であることを、家族以外では、仕事や次男のソフトなどで協力してもらう人にしか伝えてなかったので、ウイッグだと気付かれないか・・・と知らず知らずのうちに気を張っていたと思います。

そんな私が「素」になれる場所が三つありました。

一つめは我が家!
病気になってなかったら、今ほど家族の有り難さに気付けなかったと思います。
二つめは、
職場!治療中の私を受け入れてくれ、普段通りに接してくれました。
三つめは美容室のHa-DU!
脱毛中は無縁のような場所に、ちょっとお洒落して出かけて行って、メンテナンスをしてもらてサラサラになったウイッグを見たら嬉しくなって・・・。
若くてお洒落なスタッフとウイッグ外したままでも気にせずおしゃべりして・・・。
どんな時も少しでも綺麗でいたい・・・お洒落したい・・・そんな気持ちを叶えてくれ笑顔になれました。

私がバレないか気にしていたウイッグですが、今思えばめちゃめちゃ馴染んでたんだなあーと思えるエピソードをいくつかご紹介します。

①初めてウイッグで職場の友達に会った編
私;これウイッグやねん(汗)
友達;えー!全然わからん!!(と言いながらつむじ付近を両手で押さえてガン見!!)
私の心;おいおい!ウイッグそんなに触るなよー

②白髪が増えてきた友達との会話編
友達;この頃白髪増えてさー ! あなたは、どう?そんなことない・・・あっ!!
私の心;思い出してくれた?だって私ウイッグやもん(ーー;)

③ウイッグを卒業して自毛デビューした私のヘアースタイルを見た息子の感想編
私;このベリーショート気に入ってるねんけど、似合ってる?
息子;おれは、前の方がいいわー
私の心;それって、ウイッグやん!!

④鏡の自分を見て編
私;この髪型いい感じになったかも
私;ちがう!ちがう!変わるわけない!ウイッグやん!


最後に、これから治療に入られる方へ

今が一番不安な時だと思います。その不安な気持ちはなくならないかもしれないけど・・・
大丈夫!!
私も同じでしたよ!大丈夫ですよ!!




これから治療に入る方へ、先輩患者さまからのメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!
住吉店・なかもず店担当の谷田(しゅう)です
このページをご覧になってみなさんの
「不安」が「安心」
に変わればいいなって思っています

堺市在住 30代 女性


私は2年半29歳の時に『乳がん』が発覚しました。
『乳がん』はタイプは様々…
私の場合↓
病期→T2 N0
ステージ→Ⅱa
組織型→浸潤性乳癌癌(充実性腺菅癌)
エストロゲン→(➖)
プロゲステロン→(➖)
HER2→(2➕)
核異型度→(3)
というタイプでした。

当時、私は妊娠3ヶ月だったので、安定期を待って
手術+抗がん剤+ハーセプチン+放射線
という治療法でした。(ホルモン療法は出来ないとのことでした)

『乳がん』と一言で言っても色んなタイプがあるので治療法も人それぞれ…
けど手術ができる。治療法がある。ということは
『乳がん』と闘うことが出来ると言うことです。

私の場合は
妊娠中ということもあり、妊婦でも使えると言われてる抗がん剤(AC)を5回。
出産後はパクリタキセル12回。
それに加えてハーセプチン18回。
その後、放射線治療という流れでした。

治療するにあたって、色んな事を調べて不安になりますよね…私もそうでした。

副作用のこと。日常生活のこと。退治への影響。
不安しかなかったです。

正直、治療中は辛いこともいっぱいありました…
しかし、色々な人との出会いもあり
自分だけではないんだと思えたのはすごい大きかったです。


これから治療に入る方へ、先輩患者さまからのメッセージ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。