スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

強い心

2013/06/29 Sat 12:00

先日お越し頂いた患者さまT様のお話しです。


妊娠5カ月で乳癌と告知され、

落ち込みながらも治療に臨む強い心を持った彼女


看護師さんのご紹介でお越し頂き、そしてウィッグ作成

脱毛前にウィッグを作成しておくと脱毛と同時に被る事が出来るので安心です


IMG_7218.jpg



そして、昨日

脱毛がはじまり、ウィッグに被り変えるためにヘアエピテーゼ(ウィッグ)のサイズ調整と自毛のカットをしました。

ヘアエピテーゼ(ウィッグ)はしっかりと頭にフィットさせると絶対にずれないんです!


カット前に家ではあまりちゃんとシャンプー出来ていなかったようなので

しっかりとシャンプーさせていただきました。


谷田「やっぱり、脱毛がはじまった時はびっくりしましたよね?」

T様「びっくりしたけど、落ちた毛の処理の方が大変やからそっちの方が嫌やったわ~」

谷田「なるほど~。そっちか~」



と会話をしながら大量に抜けた毛を見たいとの事だったので見せると、


T様「昨日抜けた量の方が多かったわ~笑」

谷田「もともとの毛量多すぎでしょ!笑」


谷田「で、カットはどうします?短く切ってしまいますか?」

T様「もう、面倒やから切っといて~」



とばっさりとカットし、ウィッグのサイズ調整をしてウィッグ生活のはじまり


IMG_9119.jpg



T様「また、お手入れがわからんかったらここに来るからしてくれる?」

谷田「当然!遊びに来る感覚できてくださいね!お茶出しますし!笑」



とニッコリと帰っていかれました。



途中の会話で発覚したのですが、

そのT様...

友達の奥さまだったんです! 世間は狭いですよね~。






facebookでシェアする


10082303
女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!
ご協力お願いしますね

医療用かつらの保険適用や医療費控除に向けた市民運動ブログ「みんなの声を届けるまで」


 ヘアエピテーゼについてもっと詳しく見る



 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

地図↓
http://www.mapion.co.jp/m/34.605845_135.511771666667_9/

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
お客様 | コメント(0) | トラックバック(0)

西日本定例会

2013/06/28 Fri 12:00

先日、西日本定例会がありました。


今回も色んな地区から参加していただいたので大人数でワイワイガヤガヤ


今回の参加者は大阪・東京・兵庫・三重・長野・熊本・岡山・福井。


まずは新人さんも参加でしたので勉強会

IMG_9076.jpg


その後は定例会に移り、今後の方向性を討論。

IMG_9073.jpg

自分たちが患者さまに対してなにをすべきか、今の私達に足りないものは何かを考え、討論



そして、その後は打ち上げに

IMG_9099.jpg

西日本定例会に集まるメンバーはお話しが大好き

IMG_9106.jpg
IMG_9114.jpg


さあ、これからまたがんばるぞー




facebookでシェアする


10082303
女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!
ご協力お願いしますね

医療用かつらの保険適用や医療費控除に向けた市民運動ブログ「みんなの声を届けるまで」


 ヘアエピテーゼについてもっと詳しく見る



 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

地図↓
http://www.mapion.co.jp/m/34.605845_135.511771666667_9/

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください
人気ブログランキングへ

美容関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

ウィッグの暑さ対策。

2013/06/27 Thu 12:00

みなさん、こんにちは


いよいよ暑くなってきましたが、暑さ対策は万全ですか


フルウィッグだと厚い帽子をかぶっているみたいなものですよね。


みなさんそれぞれ工夫をしておられますが、何と言っても「我慢」が大切なのではないかと思います。


しかし、
滝のように流れる汗はどうしようもないですよね

汗対策用の薄い帽子もありますが、暑さは倍増してしまいます。


そこで、オススメなのが

テーピングの下に使う「アンダーラップ」です!

IMG_3111.jpg


スポーツ用品店に行くと必ずあります。

かなり薄手になっているので、帽子をかぶるよりも厚くはありません。

IMG_3112.jpg


これを頭の周りに2週ぐらい巻くだけで流れる汗が軽減されるのでオススメですよ~

IMG_3113.jpg





facebookでシェアする


10082303
女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!
ご協力お願いしますね

医療用かつらの保険適用や医療費控除に向けた市民運動ブログ「みんなの声を届けるまで」


 ヘアエピテーゼについてもっと詳しく見る



 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

地図↓
http://www.mapion.co.jp/m/34.605845_135.511771666667_9/

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください
人気ブログランキングへ

おススメ・ケア商品 | コメント(0) | トラックバック(0)
みなさま、こんにちは。

先日、横浜のみなとみらいにある「パシフィコ横浜」にて
「第18回日本緩和医療学会学術大会」が開催されました

大勢の人が参加される学会ですので日本ヘアエピテーゼ協会にも運営の協力要請が。。

ってことで行っちゃいました 横浜へ

IMG_9034.jpg

IMG_0011.jpg

IMG_0011.jpg

IMG_9064.jpg



初日はオリエンテーションと当日の準備のみで終わり、そのままホテルへ。。



本番当日、メンバーと合流し、いざ出陣

IMG_9061.jpg

IMG_3158.jpg

IMG_0037.jpg

IMG_0035.jpg

IMG_9069.jpg


普段全く出会うはずの無い他業者の方達とも情報交換をしたりと楽しくお手伝いさせていただきました

日本ヘアエピテーゼ協会のメンバーも大阪・東京・愛媛・三重・長野・名古屋・神奈川と広範囲で集まって普段会えないメンバーでしたので和気藹々と楽しめたのと同時に団結出来たのではないかとおもいます。

これからももっともっと多くの患者さまのサポートができるよう頑張っていきます




facebookでシェアする


10082303
女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!
ご協力お願いしますね

医療用かつらの保険適用や医療費控除に向けた市民運動ブログ「みんなの声を届けるまで」


 ヘアエピテーゼについてもっと詳しく見る



 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

地図↓
http://www.mapion.co.jp/m/34.605845_135.511771666667_9/

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください
人気ブログランキングへ

美容関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
すごい

私たちの仲間である
埼玉県で活動している毛内さんが読売新聞埼玉版で活動をご紹介して頂きました。


33c959a41cc73526a41c705782253095.jpg



抗がん剤の影響で髪が抜けるショックを和らげるため、
さいたま市大宮区の美容師 毛内英克さん(46)が
医療用かつらを使って元の髪型に戻す「再現美容師」としてがん患者を支援している。


患者数は増えているが、かつらの扱いに慣れた再現美容師は少なく、
毛内さんは「脱毛の事実を受け入れられず、前向きになれない人は多い。
外見を保つことで、患者さんの気持ちを明るくしたい」と語る。

再現美容師は、
がんなどで髪を失った患者のための医療用かつらを開発した
NPO法人「日本ヘアエピテーゼ協会」(東京)が2006年から認定しており、
23都府県の約30店に約100人の再現美容師がいる。

毛内さんは約20年前から、
さいたま市大宮区で美容室「K Palette(ケーパレット)」を経営。
親戚をがんで亡くしたことをきっかけに同協会を知り、
2011年秋に認定を受け、昨年春から活動をはじめた。

元のヘアスタイルに近づけるため、
治療前に来店して自分の髪に合わせたかつらを作ることを勧め、
治療後には伸びていく髪に合わせてかつらを整える。

毛内さんが1対1で対応し、現在は20〜50歳代の約30人の女性が通っている。
県東部の40歳代の主婦は約1年前にがんと診断されて抗がん剤治療を受け、
ほぼ全ての髪が抜けた。
別の店で作ったかつらは合わず、人目を気にして閉じこもりがちになった。

昨年秋に毛内さんのお店を知り、
以前のロングヘアに戻すことができ、「生き返った思い」と喜ぶ。

同協会の医療用かつらのほか、
他社製のかつらについても様々な相談に応じている。

問い合わせは、同店(048・643・6061)。



徐々にメディアに取り上げて頂く数が増えてきました。
これからももっと活動を広げていきます



facebookでシェアする


10082303
女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!
ご協力お願いしますね

医療用かつらの保険適用や医療費控除に向けた市民運動ブログ「みんなの声を届けるまで」


 ヘアエピテーゼについてもっと詳しく見る



 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

地図↓
http://www.mapion.co.jp/m/34.605845_135.511771666667_9/

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください
人気ブログランキングへ

お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。