スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
9040101

抗がん剤治療後の自毛のストレートパーマについてですが、パーマと同様で治療が終わり、3ヶ月ぐらいは細い毛が生えてきます。
その後徐々に普通に戻ってくる場合が多いです。
なかにはクセ毛が非常に強くなっている場合もあります

9040102

パーマと違ってストレートパーマはある程度長さがあれば可能なのですが、やはり半年以上で髪の毛は6cmぐらは必要です。

また、クセ毛はストレートパーマでは伸びないので縮毛矯正しかありません
その場合、髪の毛が非常に細くなっているために傷みやすくなっています
その為に、トリートメント(PPT)でしっかりとタンパク質を補給し、髪の毛が傷まないように処理する必要があります

美容室でお願いする場合は、縮毛矯正でトリートメントをしっかりとしてくださいとお願いする方がいいです

パーマ同様に抗がん剤治療中にもかかわらず、薬によっては余り脱毛されない方もおられます。
しかし、治療中の頭皮は非常に刺激を受けやすくなっており、パーマ等の薬液は地肌につきますので刺激等があり、炎症などを引き起こす場合がありますのでなるべく避けてください。まずは抗がん剤治療が終わってからのパーマをお勧めいたします






↓是非、一度ご覧ください
SHIHOのこころ
9021501

カツラ美容師・福本志穂さんの志を引き継ぐ美容師を募集しています。
がんと向き合う美容師さんは、ぜひこちらへ。

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください


アクセス解析

自毛のメンテナンス | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。