スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

タイミングが大切です

2009/04/09 Thu 23:16

抗がん剤治療中の脱毛は女性にとっては本当にショックな出来事です
一番気を使うとこが自毛からウィッグになる時です。

9040903

今日、お見えになったお客様は2回目で、すごく可愛くて素敵な方です
抗がん剤治療を始めて徐々に髪の毛が抜け始めてきました。

脱毛していく時のお客様のヘアスタイルは今のままをキープして、タイミングを見計らってからウィッグに切り替える方。
それとは対照的に、脱毛が始まるといきなり短く切って、即、ウィッグで帰られる方もおられます

9040904

もちろんウィッグが今までのヘアスタイルに近い方がスムーズでほとんど人から気付かれるということはありません

今日お見えのお客様も自毛はまだあるのですが、一応、ウィッグを被って、今までのヘアスタイルを再現しました

あとは完全に脱毛した時に再度ウィッグの微調整をして今まで通りの生活に戻って頂きます。 

約半年間、抗がん剤治療が終わって発毛を待つだけです。

ちょっと大変ですが頑張ってくださいね






↓是非、一度ご覧ください
SHIHOのこころ
9021501

カツラ美容師・福本志穂さんの志を引き継ぐ美容師を募集しています。
がんと向き合う美容師さんは、ぜひこちらへ。

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください


アクセス解析

ウィッグについて | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
そうですね。脱毛計画、発毛計画を、きちんとたてれば、まず「脱毛の不安」からは解消されますね。
とってもいい感じです。
ありがとうございますv-411

でも、人の髪の毛はそれぞれ違いますので、どこまでv-331再現できるかが問題です。
プロとして頑張りますv-91

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。