スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
5月の初めにパソコンが急にクラッシュ。そのままアウトいう最悪の状況から新しいパソコンを購入してようやく復旧しました。落ち着いたので友達などブログを見ているとなんとウィッグがちじれているのでその部分をカットをされているのでした。時すでにおそし・・・・
ウィッグのちじれ01

今後のことも考えてメールをしたら以前使用していたものを快く貸していただけました。

ウィッグをお使いの方にとって、長いこと使用していると人毛、ファイバー毛にかかわらず、毛先がもつれてきたりします。
原因として考えられることは
①汚れ=きちんとシャンプーをしているのですがセット剤や皮脂油などが混じって付着します。これが絡みの原因となります。
②摩擦=襟足など衣服に触れる部分など静電気が起こりもつれたり絡んできたりします。
③ブラッシング=毛先が絡んでいるのにもかかわらず根元からブラッシングをするとよりきつくからませることになります。ブラッシングは毛先からするようにすればキレイにとけます。

ウィッグのチリツキの修正方法
ファイバー毛や人毛などの修正をするには熱処理を行うのですがアイロンとの温度設定などが難しいため、ここでは応急処置的な方法をご紹介いたします。

まず100円ショップなどで売っているメラニンスポンジを用意します。
ウィッグのちじれ02

カッターナイフで5mm~1cmの幅でカットします。
ウィッグのちじれ03

襟足からすこしづつ作業を行っていきます。不必要な部分はピンで上に止めておいてください。
まず絡んでいる部分を丁寧にとかします。
ウィッグのちじれ04

次に先ほどカットしたメラニンスポンジに水を含ませて根元近くつまみます。
ウィッグのちじれ05

ウィッグのちじれ06

毛先まで髪の毛をつまんだ状態で引っ張っていきます。力加減は汚れを落とす程度できつく引っ張る必要はありません。5回から10回ぐらい同じ動作を繰り返します。だんだん、ツルっとした感じになってきます。理由は人毛やファイバーの付着物が除去されるのと同時に髪の毛をなめす効果があり、髪の毛が矯正されていきます。
ウィッグのちじれ07

これは応急処置ぐらいにしかなりませんが、かなりの効果があります。ぜひ試してください

この後にアイロンの熱処理をしていくのですがあくまでも自己責任においてやってくださね。

ポイントは必ずテストをすることです。 目立たないところの髪の毛を少量取ってアイロンで挟んでみます。熔けると温度が高すぎることになります。人毛100%の場合には気にすることはありませんが、ファイバー毛やミックス毛などは熔けるので注意をしてください。
ウィッグのちじれ08


ウィッグにも専用のトリートメントがあります。そういうものを使って長く使えるようにしてくださいね
ウィッグについて | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
参考になりました。
毛先のチリツキ問題はウィッグ愛用者の一番の悩みです。
こんなに簡単な方法があったとは初めてしりました。
今度ためしてみようと思います。
ありがとうございましたv-238
さつきもかさん
ありがとうございます。私たち美容師は気付かないことが多々あります。そんなことで悩んでいるのというのが結構多いいのですよ。自分たちにとっては当たり前でも困っている方にとっては大変な問題ですよね。お客様の視線で見るということをいっぱいおしえていただきました。
また、ご相談くださいね。v-10
質問
アイロンの温度ですが、人毛100%の場合は高温で処理しても大丈夫なのでしょうか?
また温度は低温より高温の方が効果が得られるのでしょうか?
人毛の100%の場合は高温処理しても大丈夫ですよ。v-221

一応、目だないところの髪の毛を数本とってアイロンでテストしてみてください。そのあとアイロンで処理をすれば大丈夫です。

本来、髪の毛の傷む原因というのは2種類ありまして、ひとつはパーマ、カラー、紫外線などの化学的要因ともう一つはブラッシングや髪の毛が肩にあたったりして起きる物理的要因によるものが多いいのです。

しかし、ウィッグの人毛は化学処理をして、その上にバィンディングという特殊なコーティング剤でつやを出しています。ですのでこれが落ちてくると絡みやくすなるのですよ。

常に、手入れをしている方が髪の毛は長持ちいたします。

絡み始めるとどんどん絡みやすくなるのでシャンプーの度に軽くお手入れをしてくださいね。v-10
追伸、低温より高温の方が効果がいいですよ。v-7

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。