スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ヘアマニキュアについて

2009/09/04 Fri 23:28

ヘアマニキュアとヘアカラー、一般的にはヘアマニキュアのほうが痛まないと思っておられるでしょう。
実際にはどう違うのか

ヘアカラーは1剤と2剤を混ぜて使います。それに比べヘアマニキュアは1剤のみです。

9090401

【ヘアカラー】
髪の毛を脱色して、髪の外側だけでなく、内部にも色を入れます。
そのためにしっかりと染まります。
特徴として
・発色がきれい・色が長持ちする
その反面・脱色を伴うため、髪にダメージを与える・退色して徐々に明るくなる

9090402

【ヘアマニキュア】

髪の外側に色素を吸着させコーティングします。
特徴として
・手軽にできる・髪が痛まない
その反面・色が長持ちしない・黒髪だとほとんど色が付かない・ヘアカラーほど発色がキレイじゃない
・洗髪するたびに色が落ちる

これらの違いを考えて使い分けるほうがいいです

抗がん剤治療後のカラーについて、ヘアマニキュアが安全だと思いますが、髪の毛に与えるダメージは別として、地肌につけないので安全なだけです

ヘアマニキュアで訴訟問題も起きたケースもあります

実際にはヘアカラーを地肌からつけないようにして染めるのも結果的には安全なのです

白髪染めなどはヘアマニキュアよりもヘアカラーのほうがしっかりと染まります。

抗がん剤治療後の頭皮や地肌に異常があり刺激を受けやすい場合は”ゼロ塗布”といって地肌に薬をつけないように染めれば安全です。
後は状況に応じてどちらかをチョイスすればいいと思います

人毛ウィッグも人口頭皮などに染料がつくと染まりますので同じ要領で行ってくださいね




大阪府松原市からご来店の K様、本日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね
大阪市住吉区からご来店の F様、本日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね


 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください
人気ブログランキングへ

技術編 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。