スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
夏祭りや花火大会の時期になってきましたが、ウィッグをアレンジして浴衣を着たり、まとめ髪にして気分転換をしてみてはいかがでしょうか?
元のウィッグ①

元のウィッグ②


準備するものはつけ毛と留め金のみ。
付け毛

留め金


市販で売っているのもありますが、ウィッグの毛質と色を合わせたものをご用意ください。
中には留め金がついているのもあります。ない場合は縫って取り付けてください。
両端と真ん中の3ヶ所ぐらいで十分です。
これだと簡単に取り外したりつけたり出来ますのでウィッグに直接縫ったりする必要がありません。

つけるポイントは図の部分になります。
装着位置

※ショートのウィッグには向いていません。ある程度トップに髪の毛の長さがあるウィッグのほうがより自然に見えます。

付ける時に取り付け部分の上の髪の毛をクリップなどで留めておきます。ウィッグのネットを傷つけないように注意して装着してください。慣れてくると被ったままするほうが上手くつけることが出来ます。
止める順番は付け毛を中心から両サイドの順につけます。 慣れれば2~3分で出来ます。
装着後①

装着後②

トップ髪の量に応じてつける位置は上下してバランスの良い所に付けて下さい。
簡単にロングヘアに出来ます。

人毛なら、アイロンやホットカーラーで毛先にカールを付けて、サイドにピン止めをして出来上がりです。
※ファイバー毛はアイロンの熱で溶ける場合がありますので要注意!
アレンジ

飾りやピンなどを上手く応用していただければ十分楽しめます。
是非、いろいろと試してください!

ウィッグについて | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。