スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1月6日 NHKのHPで紹介されました。

110108

<本文>

日本人の2人に1人がかかるとされる身近な病気、「がん」を通じて命の大切さを考えようという授業が、6日、東京の中学校で行われました。生徒たちは「自分ががんになったら、直接、告知を受けるべきか」というテーマで討論しました。

東京・杉並区の区立和田中学校で行われた授業は、7年前に妻を乳がんで亡くしたジャーナリストの田原総一朗さんが進行役を務めました。

3年生およそ100人が田原さんや、6年前に子宮けいがんと診断された29歳の女性の話を聞きながら、「自分ががんになったら、直接、告知を受けるべきか」というテーマで討論しました。「ショックを受けるので、信頼している親に任せたほうがいい」という意見が出た一方で、「親は真実を告げないのではないか」とか、「客観的な立場で医師に告知してもらうほうがいい」と主張する生徒もいました。

がんを巡っては、10代前半の女性を対象に、子宮けいがんを予防するワクチンの接種が各地の自治体で導入されていますが、生徒たちが、がんについて学習する機会はほとんどないのが現状です。

参加した男子生徒は「自分にとって、がんは遠いことだと思っていましたが、ひと事ではないと思いました。

命を大切に生きていきたいと思います」と話していました。また、授業を企画した和田中学校の代田昭久校長は「がんと命という、答えのない問題に対して、正面から向き合って、よく議論できたと思う」と話していました。



難しい問題ですよね


今は仕事上、がんと闘っている人と多く接する機会がありますが、みなさんそれぞれの方にそれぞれの想いがいっぱいあり、闘っておられるのですよ

だからこそ、最近、幼児の虐待や無差別に人を殺したりする人が多いのはむなしく感じます

もっといのちの大切さを考えてほしいですね


らぐさんのブログではやっと入荷を書いています。
覗いてみてくださいね

http://hairep2.blog12.fc2.com/blog-entry-130.html




10082303
女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!
ご協力お願いしますね

 ヘアエピテーゼについてもっと詳しく見る



大阪市住吉区からご来店の Y様、一昨日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね
徳島県徳島市からご来店の K様、一昨日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね
大阪府松原市からご来店の M様、一昨日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね
大阪府東大阪市からご来店の M様、昨日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね
広島県広島市からご来店の O様、昨日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね
大阪府豊中市からご来店の H様、本日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね
大阪市東住吉区からご来店の F様、本日のご来店ありがとうございました
またのご来店をお待ちしておりますね


 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

地図↓
http://www.mapion.co.jp/m/34.605845_135.511771666667_9/

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください
人気ブログランキングへ



ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。