スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ルーツから未来へ

2009/01/19 Mon 23:15

時代もどんどん変わり美容師という職人からヘアデザイナー。今ではヘアカウンセラー、ケアリストなどとその時に応じて変わりつつあります。

その中で昔からよく聞くアートとデザイン

よく美容師はヘアアーティストと言いますが、ヘアデザイナーの方が正しいです。
こういうことを言うと先輩方から厳しいお言葉を受けるかもしれませんが、アートは好きな色、好きな形、自分の思いを表現すればいいのですが、デザインは相手の立場に立って考えていかないとダメなのです
9011801

アートを芸術とするならば美容に必要なのはデザインです。
想像力は必要ですが芸術は要らないのです

ココ・シャネルはアートはビジネスと言っています

9011802
サロンのこの椅子は喜多俊之さんのデザインです。

喜多俊之さんは大阪市生まれのプロダクツデザイナーでシャープの液晶テレビ、アクロスのデザインやいろいろな作品を手がけています。

また、グッドデザイン賞審査委員長も務めています

彼曰くデザインはハッピーでなくてはならない。

私たち再現美容師としてウィッグを扱うスタイリストも自分よがりのスタイルではダメだと思う
お客様の立場でベストなデザインを考えることが大切です
美容師の皆さん、頑張りましようね


読み終えたら↓ボチット押してください



2008121001
http://www7.plala.or.jp/natsukun/index.html
『なつくんを救う会』にご協力をお願いします。 もう少しですのでよろしくお願いします
ただいま、多くの方にご自身のブログで紹介いただいております。
ご協力ありがとうございます
美容関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
同感ですね。
自分よがりのスタイルをいいと思う美容師ほど、デザインを理解していないし、お客様を理解していない。いまのKY内閣と一緒ですv-219
本当にそうですよね。
今日はアメリカの大統領の就任式。盛り上がるだろうな。
若者言葉でチェンソー=チェンジ総理 
日本の政治をちゃんとやってくれv-412

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。